HOME 人事労務トピックス 働き方改革 働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)の3次募集を開始 交付申請期限は1月29日まで

働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)の3次募集を開始 交付申請期限は1月29日まで

厚生労働省では、これまで、働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)について、1次募集と2次募集を行ってきましたが、令和3年1月の緊急事態宣言を受けて、 中小企業におけるテレワークの新規導入・実施を支援する観点から、この助成金の3次募集を行うこととにしたということです。

申請の受付開始は、令和3年1月18日(月)。
交付申請期限は、令和3年1月29日(金)までということです。

この助成金は、テレワークを新規で導入する中小企業事業主を対象とするもので、テレワーク用通信機器の導入・運用、就業規則・労使協定の作成・変更といった助成対象の取組に要した経費の2分の1を補助するものです。
1企業当たりの助成額の上限額は100万円となります。

申請をお考えの場合は、早目の対応が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)の3次募集について>
≫ https://www.mhlw.go.jp/stf/teleworktokureizyoseikin3.html

3次募集のリーフレットはこちらです。
<働き方改革推進支援助成金のご案内(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)(3次募集分)>
≫ https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000722210.pdf