HOME 人事労務トピックス 働き方改革 行政手続の簡素化 関係者からヒアリング

行政手続の簡素化 関係者からヒアリング

 内閣府から、今月15日に開催された「第2回行政手続部会(規制改革推進会議の部会の一つ)」の会議情報が公表されました。

 行政手続部会では、「行政手続の簡素化の基本計画」について検討が進められています。

 基本計画は、三原則(①デジタルファースト、②ワンスオンリー、③書式・様式の統一)を掲げ、社会保険、国税・地方税、従業員の労務管理などに関する行政手続を簡素化し、コスト削減を目指すものです。

 各省庁(13省庁)で、さまざまな取組みが模索されていますが、今回は、日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国社会保険労務士会連合会といった主要な経済団体などからのヒアリングが行われました。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。各団体が提出した資料がご覧になれます。
<第2回行政手続部会/会議資料など>
http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/bukai/20170915/agenda.html