HOME 人事労務トピックス 健康管理/メンタルヘルス対策 厚労省版ストレスチェック実施プログラムダウンロードサイトより 証明書失効によるプログラム再ダウンロードのお願い

厚労省版ストレスチェック実施プログラムダウンロードサイトより 証明書失効によるプログラム再ダウンロードのお願い

厚生労働省では、ダウンロードサイトを開設し、改正労働安全衛生法に基づき、平成27年12月より施行されたストレスチェック制度が事業者にて円滑に導入できるよう、ストレスチェックの受検、ストレスチェックの結果出力、集団分析等が出来るプログラム「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」を無料で配布しています。
 
このサイトにおいて、次のような「証明書失効によるプログラム再ダウンロードのお願い」が掲載されています。
 
【重要】証明書失効による再ダウンロードのお願い(2020年12月2日)
▼対象:2020/11/23以前にダウンロードした全てのプログラム(Ver.1~3.3の全て)
▼ストレスチェック実施環境:共有サーバー(ローカル上では発生しません)
▼エラーメッセージ:「保護のためにブロックされました」のエラーメッセージが出てプログラムが起動しない
▼理由:証明書発行会社の設定情報の改変により、プログラムに付加されているセキュリティに関する証明書が失効しております。 
 
令和2年11月23日以前にダウンロードされたプログラムにおいて、プログラム起動時に「保護のためにブロックされました」のエラーメッセージによりプログラムが起動できない事象が発生しているということです。
 
該当するプログラムをご利用の場合は、サイトに示された手順に沿って、最新プログラムへ変更して欲しいということです。
 
詳しくは、こちらをご覧ください。
<「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラムダウンロードサイト」にて、「証明書失効によるプログラム再ダウンロードのお願い」が掲載されました>
 https://stresscheck.mhlw.go.jp/

2020/12/4