HOME 人事労務トピックス 改正個人情報保護法・マイナンバー制度 個人情報保護法の3年ごとの見直し 制度改正の骨子を示す(個人情報保護委員会)

個人情報保護法の3年ごとの見直し 制度改正の骨子を示す(個人情報保護委員会)

令和元年(2019年)11月29日に開催された「第128回    個人情報保護委員会」において、「個人情報保護法    いわゆる3年ごと見直し    制度改正大綱(骨子)」が決定されました。
骨子では、個人データに関する個人の権利の在り方、事業者の守るべき責務の在り方などについて、個人情報保護制度の改正の方向性が示されています。
たとえば、「現行の法定刑について、法人処罰規定に係る重科の導入を含め、必要に応じた見直しを行う」といった事項も掲げられています。
今後、この骨子を基に、年内に大綱を取りまとめ、パブリックコメントを経た上で、法改正による対応を行うものについては、来年の通常国会への改正法案提出を目指す予定とされています。
詳しくは、こちらをご覧ください。
<「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直し 制度改正大綱(骨子)」を決定・公表について>
https://www.ppc.go.jp/news/press/2019/20191129/