HOME 人事労務トピックス 労働経済 コロナ禍での解雇・雇止め等 6万人超え(厚労省の調査)

コロナ禍での解雇・雇止め等 6万人超え(厚労省の調査)

 厚生労働省から、「新型コロナウイルス感染症に起因する雇用への影響に関する情報について(9月25日現在集計分)」が公表されました(令和2年9月29日公表)。

 この集計により、新型コロナウイルス感染症に起因する解雇・雇止め等が見込み労働者数が、令和2年9 月 25 日において、6万923人に達したことが明らかとなり、報道でも頻りに取り上げられています。

 都道府県別でみると、東京都が1万5,745人で最多。次いで、大阪府が5,483人、愛知県が3,313人、神奈川県が2,728人といった結果となっています。大都市ほど深刻な状況になっているといえそうです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<新型コロナウイルス感染症に起因する雇用への影響に関する情報について(9月25日現在集計分)>
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000676431.pdf