HOME 人事労務トピックス 年金 日本年金機構が令和2年度の事務処理誤り等を公表 年金の未払いは5.9億円

日本年金機構が令和2年度の事務処理誤り等を公表 年金の未払いは5.9億円

日本年金機構では、毎月、事務処理誤り等を公表していますが、この度、令和2年4月から令和3年3月までの事務処理誤り等について、1年間分として改めて取りまとめ公表しました。

これによると、事務処理誤り等について、令和2年度に精算などの対応を終えたものが1,601件。
全体のほぼ半数にあたる797件が、年金給付などの金額に影響を及ぼしていたということです。

その内容を分類すると、最も金額が大きかったのが年金の未払いで、合計で約5億9,667万円(401件)。
その他、過払いが合計で約8,346万円(132件)、過徴収が合計で約8,071万円(153件)となっています。

なお、これとは別に、対応中の案件が令和3年3月末時点で1,500件あるということです。

日本年金機構では、引き続き、事務処理誤り等の再発防止に努めていくとしています。

ミスは誰にでも起こるものですが、発見でき、理由が分かれば訂正してくれます。
徴収された保険料額や受給した年金額は、明らかにおかしな点がないか、念のため確認するようにしたほうがよいかもしれませんね。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<事務処理誤り等(令和2年4月分~令和3年3月分)の年次公表について(令和3年9 月10日)>
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/press/2021/202109/0910.html