HOME 人事労務トピックス 裁判 非正規の格差是正訴訟 最高裁の判決について連合がコメント

非正規の格差是正訴訟 最高裁の判決について連合がコメント

 平成30年6月1日に、労働契約法20条に関する初の最高裁判所の判決がありましたが、この判決について、連合(日本労働組合総連合会)が談話を公表しています(平成30年6月4日公表)。]

 労働者側の立場に立ったコメントといえるかもしれませんが、判例の内容の確認ができるものとなっています。

 たとえば、定年退職後の再雇用の事案(長澤運輸事件)の判決については、「本判決は、定年後再雇用の場合に賃金を引き下げることを広く認めたものではなく、判決の射程と内容の正確な理解が必要である」といった注意点も示されています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
 この判例の見解の一つとして、参考になると思います。
<労働契約法20条に関する最高裁判決についての談話(事務局長談話)>
≫ https://www.jtuc-rengo.or.jp/news/article_detail.php?id=978