HOME 人事労務トピックス 労働経済 新型コロナウイルスの影響で、残業代などの所定外給与が大幅に減少

新型コロナウイルスの影響で、残業代などの所定外給与が大幅に減少

厚生労働省から、「毎月勤労統計調査 令和2年5月分結果速報」が公表されました(令和2年7月7日公表)。

残業代などの所定外給与が大幅に減少したことが大きく報じられています。

当該結果速報によると、令和2年5月分の所定外給与は、前年同月比25.8%減の1万4,601円となっており、減少幅は3か月連続で過去最大を更新しています。

緊急事態宣言による自粛の影響が色濃く反映された結果となっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<毎月勤労統計調査 令和2年5月分結果速報>
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/r02/0205p/dl/pdf2005p.pdf

2020/7/8