HOME 人事労務トピックス 労働経済 ハラスメントと暴力に関する実態調査(連合)

ハラスメントと暴力に関する実態調査(連合)

 連合(日本労働組合総連合会)は、職場やプライベートにおけるハラスメントと暴力に関する実態を把握するため、平成29年10月26日~同月27日の2日間、「ハラスメントと暴力に関する実態調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の18歳~69歳の有職男女1,000名の有効サンプルを集計しました。その結果が公表されています。

 ポイントは、次のとおりです。

●職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある→5割半ば

●配偶者から暴力を受けたことがある→女性では3人に1人以上、男性も4人に1人が経験

●配偶者や交際相手などからの暴力による仕事面への影響→“仕事のやる気がなくなる・ミスが多くなる”は4人に1人、“仕事をやめた”は10人に1人

 職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある方が、5割半ばということですが、防止対策の必要性を感じますね。

 なお、職場でのハラスメントに着目すると、次のような調査結果も気になります。

●職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人について、ハラスメント種類をみると、パワハラが45%と最も多く、次いでセクハラが41%、ジェンダーハラスメントが25%、マタハラが21%、ケアハラスメントが20%などとなっている。

●職場でのハラスメントは「上司や先輩」から受けているケースが最も多い。

●ハラスメント被害を相談しても、半数近くが「親身に聞いてもらえたが具体的な対応に進まなかった」と回答。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<ハラスメントと暴力に関する実態調査>

https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20171116.pdf?v1120