HOME 人事労務トピックス 安全・衛生 職場のがん検診 マニュアル案を提示(厚労省)

職場のがん検診 マニュアル案を提示(厚労省)

厚生労働省から、平成29年12月6日に開催された「第4回 職域におけるがん検診に関するワーキンググループ」の資料が公表されました。

今回の議題は、「職域におけるがん検診に関するマニュアル(案)」の取りまとめでした。

職場のがん検診については法的根拠がなく、対象年齢や検査項目は事業者ごとに異なっています。
マニュアル案では、がん検診の種類ごとに、対象年齢や検査項目が示されています。
たとえば、肺がん検診は、40歳以上を対象とし、原則として年1回、胸部エックス線検査などを行うのが望ましいとし、乳がん検診は、40歳以上の女性を対象とし、原則として2年に1回、問診と乳房エックス線検査を行うのが望ましいとしています。

そのほか、マニュアル案では、検診結果など受診者のがん検診データは、健康情報であり、個人情報保護法に規定する要配慮個人情報に該当することに触れ、その取扱いについて保険者及び事業者が留意すべき事項なども盛り込まれています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<第4回職域におけるがん検診に関するワーキンググループ/資料>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000187122.html

2017/12/7 労働