HOME 人事労務トピックス 安全・衛生 建設業での墜落・転落災害防止対策強化 キャンペーンを12月から実施

建設業での墜落・転落災害防止対策強化 キャンペーンを12月から実施

 厚生労働者から、「建設業における墜落・転落災害防止対策強化キャンペーン」を平成29年12月1日から平成30年1月31日にかけて実施する旨のお知らせがありました。

  同省によると、平成29年(9月末時点)の建設業における労働災害の死亡者数は212人で、前年同期と比べ20人(10.4%)の大幅な増加。この212人のうち、墜落・転落災害によるものが90人(42.5%)を占めているとのことです。

  例年、年末年始は建設工事が集中し、工事量が増える傾向などがあることから、災害の多発が懸念されるこの時期に、墜落・転落災害の防止に向けた重点的な取組として、このキャンペーンが実施されることになりました。

 キャンペーンの概要については、こちらをご覧ください。

<「建設業における墜落・転落災害防止対策強化キャンペーン」を12月~1月に実施します> http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184769.html