HOME 人事労務トピックス 労働法 Q&A形式の通達に高プロを追加(厚労省)

Q&A形式の通達に高プロを追加(厚労省)

厚生労働省から、「労働基準法の解釈についての一部改正について(令和元年基発0712第2号)」が発出されました(令和元年(2019年)7月12日公表)。

働き方改革関連法による労働基準法の改正については、Q&A形式の通達が発出されていましたが、今回の通達改正により、その通達に「高度プロフェッショナル制度」に関するQ&Aが追加されました。

高度プロフェッショナル制度を導入する企業は極々少数のようですが、もし、制度の導入を検討するのであれば、必ず確認しておきたい内容です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<労働基準法の解釈についての一部改正について(令和元年基発0712第2号)/高プロ関係のQ&Aの追加>
https://www.mhlw.go.jp/content/000528166.pdf