HOME 人事労務トピックス 年金 厚労省 確定拠出年金の運用商品選択への支援について、報告書案を示す

厚労省 確定拠出年金の運用商品選択への支援について、報告書案を示す

 厚生労働省は、今月19日に開催された「第7回社会保障審議会企業年金部会 確定拠出年金の運用に関する専門委員会」の資料を公表しました。

 今回の委員会では、運用商品提供数の上限・指定方法基準等について、取りまとめに向けた議論が行われました。そして、報告書の案が示されました。前回の委員会で意見が出された、「企業型年金加入者の商品提供数上限は35本が適当」といった内容などが盛り込まれています。今後の動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<確定拠出年金の運用に関する専門委員会報告書(案)~確定拠出年金の運用商品選択への支援~>
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000165348.pdf