<適性検査 採用面接支援検査「HCi-AS」>
採用の可否の“結論”を明示。メンタルヘルスや適性についても診断

 ”面接の時はいい人材だと思ったのに…”"履歴書と面接だけで採用したら、後々その人に問題が発覚した…"

いかにいい人材を確保し、即戦力としていくか…今では「適性検査」を使って採用を行う企業様が増えてきましたが、
なかなか結果に結びつかず、中には入社後、社員トラブルが発生したということもしばしば…

今回ご紹介する「HCi-AS」、他の診断にはない特性を多数持っており、採用すべきか否かの判断まで明確に提示します。
面接時に聞くべきポイントを平易な文章・グラフで提示しますので、面接前の補足資料にも最適なほか、
面接で見抜きにくい「メンタル適性」もチェックし、受験者の人間性を診断するので、配置・育成にも役立つ検査です。

 ※中国、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、シンガポールでも現地での受検が可能です。別途ご相談ください。

適性検査 採用面接支援検査 HCi-ASとは?

HCi-ASは採用面接時に応募者をより良く理解する目的で開発された適性検査です。
人財の業績につながる力である、(1)目標追求力、(2)対人力、(3)主体性、を診断することにより、
本当に企業で必要な人財か否かを見極めます。
診断結果は「報告書」としてお出しします。

採用面接支援検査 HCi-ASの特色

1.数値化ではなく人間性を大切にする記述文型式
面接で見極めようとするのは、ランキングや偏差値情報ではありません。
より生き生きとした対象者の「人間性」であり、「個性」です。
報告書ではその個性を充分読み取れるように、平易な記述文を中心に構成してあります。

  HCi-AS small kensakekka.jpg

  【図をクリック】HCi-AS結果イメージ

2.短時間でのフィードバックを可能に
独自の診断手法により、検査時間・報告時間を短縮しました。
また、面接時に聞いておくべきポイントも明示しますので、
個人個人にあった面接の質問を準備することも可能です。
そのため、多くの企業で面接の前の補足資料として使われるケースが圧倒的です。
3.こころのトラブルを予見します
メンタルヘルスに関してのチェックは、短時間の面接ではきわめて難しいとされています。
報告書では、対象者がストレスに対してもろいのか、強いのか、また注意が必要なケースでは記述文で補足説明をしてあります。
4.入社後の育成指導のポイントを指摘します
報告書では採用後の適性配置予測として6つの職務領域を表示します。
当然、どの分野でも活躍が期待できる人材は、バランスがよく、高い表示となります。どんな人材にも個性をフル発揮してもらうためには、適材適所に配属されることが理想です。 

適性検査ツールとしておすすめする4つの理由

1.試験は10分以内に終わる簡単なもの
→身構えられることなく、アンケート感覚で気軽に記入してもらえる

HCi-AS flowimage
HCi-AS受験イメージ

2.結果のフィードバックまで1時間ほど
→スケジュールの組み方によっては、面接前、面接中にフィードバックを受けられる

3.「採用してよい」「なるべく避けたい」など、「結論」を表記
→だから、適性検査の結果を利用しやすい

4.ひとつの質問に対して「はい」「いいえ」などの回答を求めるのではなく、
「食事を取るのは早いほう」「どちらかというとゆっくり」のどちらかを応えさせるなどの一対比較法を採用
→だから、被験者が自分を偽ることが難しく、妥当性が高い

価格

  ●1件 4,000円(税別)
   ※弊社経由でお申し込みの場合は基本契約料50,000円がかかりません。

お問い合わせ・資料請求/説明・利用申込はこちら