HOME 法改正情報 徴収法 労働保険事務組合に対する報奨金に関する省令の一部改正

労働保険事務組合に対する報奨金に関する省令の一部改正

  • 労働保険料に係る報奨金について、加算額の一部を引き上げることとされました


労働保険料に係る報奨金の額は、常時15 人以下の労働者を使用する事業については、その事業の事業主の委託を受けて納付した前年度の労働保険料の額に100分の2.5を乗じて得た額に「厚生労働省令で定める額」を加えた額とされています。

この「厚生労働省令で定める額」について、平成21 年度に限り、800 円増額することとされました。
改定後の金額は次のとおりです。
●8,400円→〔改正後〕9,200円
●4,200円→〔改正後〕5,000円
●2,100円→〔改正後〕2,900円

この内容は、平成21年4月1日から施行されます。