HOME 法改正情報 労災保険法 労働者災害補償保険法施行規則の一部改正

労働者災害補償保険法施行規則の一部改正

  • 社会復帰促進等事業の助成金見直しと、費用に充てるべき額の限度が見直されました


社会復帰促進等事業として支給される助成金の見直すとともに、社会復帰促進等事業等に要する費用に充てるべき額の限度を見直すこととされました。

1 「中小企業労働時間適正化促進助成金」を廃止
 社会復帰促進等事業の助成金として、「労働時間等設定改善推進助成金」、「短時間労働者均衡待遇推進等助成金」、「中小企業労働時間適正化促進助成金」、「職場意識改善助成金」を支給していますが、そのうち、「中小企業労働時間適正化促進助成金」を廃止することとされました。

2 社会復帰促進等事業等に要する費用に充てるべき額の限度の見直し
 社会復帰促進等事業等に要する費用に充てるべき額の限度は、労災保険に係る労働保険料の額等の合計額に「一定の割合」を乗じて得た額とされていますが、その割合を、従来の「120分の20」から「118分の18」に改められました。


この内容は、平成21年4月1日から施行されます。