HOME 法改正情報 健康保険法 協会けんぽの保険料率算定など、健康保険法施行令等が一部改正

協会けんぽの保険料率算定など、健康保険法施行令等が一部改正

  • 健康保険法施行令、健康保険法施行規則の一部が改正されます


全国健康保険協会(以下「協会」)については、
●平成20年10月1日の成立後1年内に、都道府県単位保険料率を決定する
●都道府県単位保険料率のうち、旧政府管掌健康保険の一般保険料率との率の差が政令で定める基準を上回るものがある場合には、協会はその成立の日から起算して5年間に限り、都道府県単位保険料率について激変緩和措置を講じる
と定められていました。

以上のことから、都道府県単位保険料率の算定方法を定めるため、健康保険法施行令・健康保険法施行規則について所要の改正が行われました。

この内容は、平成21年3月27日から施行されます。

詳細PDF PDF(13KB) (13KB) 【正会員登録されると、詳細のPDFがご覧になれます】