HOME 法改正情報 健康保険法 日雇特例被保険者に関する保険料額等の変更

日雇特例被保険者に関する保険料額等の変更

○日雇特例被保険者に関する保険料額並びに日雇特例被保険者の負担すべき額及び日雇特例被保険者を使用する事業主の負担すべき額の一部を改正する件(平成26年厚生労働省告示第44号)

全国健康保険協会管掌健康保険の介護保険料率の引き上げに伴い、健康保険の日雇特例被保険者(介護保険第2号被保険者である日雇特例被保険者)に関する保険料額等が変更されました。 この内容は、平成26年4月1日から適用されます。

健康保険の日雇特例被保険者に関する保険料額並びに日雇特例被保険者の負担すべき額及び日雇特例被保険者を使用する事業主の負担すべき額は、厚生労働大臣が定め告示することとされています。 その日雇特例被保険者に関する保険料額等が変更され、告示されました。これは、全国健康保険協会管掌健康保険の介護保険料率の引き上げに伴い、介護保険第2号被保険者である日雇特例被保険者に関する保険料額等を引き上げるものです。

<介護保険第2号被保険者である日雇特例被保険者に関する保険料額等(1日につき、その者の標準賃金日額の等級に応じ、次の表に掲げる額)>
                                                                                                                           〔  〕は変更前

標準賃金日額の等級

日雇特例被保険者に関する保険料額

当該被保険者の負担すべき額

当該被保険者を使用する事業主の負担すべき額

第1級

450円〔440円〕

175円〔170円〕

275円〔270円〕

第2級

660円〔650円〕

255円〔250円〕

405円〔400円〕

第3級

870円〔860円〕

335円〔330円〕

535円〔530円〕

第4級

1,100円〔1,080円〕

420円〔415円〕

680円〔665円〕

第5級

1,330円〔1,320円〕

510円〔505円〕

820円〔815円〕

第6級

1,650円〔1,620円〕

630円〔620円〕

1,020円〔1,000円〕

第7級

2,030円〔2,000円〕

775円〔765円〕

1,255円〔1,235円〕

第8級

2,410円〔2,370円〕

920円〔905円〕

1,490円〔1,465円〕

第9級

2,790円〔2,750円〕

1,065円〔1,050円〕

1,725円〔1,700円〕

第10級

3,260円〔3,210円〕

1,245円〔1,225円〕

2,015円〔1,985円〕

第11級

3,790円〔3,730円〕

1,450円〔1,425円〕

2,340円〔2,305円〕

注.上記以外の日雇特例被保険者に関する保険料額等については、変更ありません(1日につき、その者の標準賃金日額の等級に応じ、次の表に掲げる額)。

標準賃金日額の等級

日雇特例被保険者に関する保険料額

当該被保険者の負担すべき額

当該被保険者を使用する事業主の負担すべき額

第1級

390

150

240

第2級

570

220

350

第3級

740

285

455

第4級

940

360

580

第5級

1,140

435

705

第6級

1,400

535

865

第7級

1,730

660

1,070

第8級

2,050

785

1,265

第9級

2,380

910

1,470

第10級

2,770

1,060

1,710

第11級

3,230

1,235

1,995

 

この告示は、平成26年4月1日から適用されます