HOME 実務解説 税金の知識 新型コロナと医療費控除

新型コロナと医療費控除

 国税庁は、「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの 当面の税務上の取扱いに関するFAQ」を公表しています。FAQの中から、新型コロナ感染症に関連して支出された医療関連費と医療費控除との関係についてポイントをまとめてみました。

新型コロナウイルスの感染有無を確認するためのPCR検査費用の取り扱い

1.医師等の判断に基づいて受けたPCR検査
 医師等の判断により、新型コロナウイルス感染症の疑いがあるために受けたPCR検査の検査費用は、医療費控除の対象となります。この場合に医療費控除の対象となる金額は、自己が負担した部分の金額であり、公費負担とされた金額は医療費控除の対象となりません。
2.上記1.以外(自らの判断でPCR検査を受けた場合)
・検査結果が陰性の場合
 PCR検査の検査費用は、医療費控除の対象となりません。出張や渡航などのビジネス目的のために自費でPCR検査を受け、陰性証明書の発行を受けた方は このケースに該当されます。
・検査結果が陽性となりその後治療を継続した場合
 PCR検査の結果が「陽性」となり、その後治療を行った場合は、そのPCR検査は治療に先立って行われる診察と同様に考えられ、この場合のPCR検査に要した費用は、医療費控除の対象となります。

新型コロナウイルスへの感染予防のために購入したマスクの購入費の取り扱い

1.医療費控除の対象となる医療費
所得税法で医療費控除の対象とされる主な医療費は次のとおりです。
・医師等による診療や治療のために支払った費用
・治療や療養に必要な医薬品の購入費用
2.感染予防のために購入したマスクの購入費
感染予防のために使用するマスクの購入費は、マスクが治療のために使われるものではないため医療費控除の対象となりません。一時は異常な高値のついたマスクを購入されていたとしても、残念ながら医療費控除で税金を取り戻すことはできません。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うオンライン診療費用の取り扱い

1.オンライン診療料
 医師等による診療や治療のために支払った費用は、医療費控除の対象となります。
2.オンラインシステムの利用料
 オンラインシステムの利用料は、オンライン診療を受けるに際して直接必要となる費用に該当するため、医療費控除の対象となります。
3.処方された医薬品の購入費
 治療や療養に必要な医薬品の購入費は、医療費控除の対象となります。
4.処方された医薬品を配送にて受けとる場合の配送料
医薬品を配送により受け取る場合に負担する配送料は、治療又は療養に必要な医薬品の購入費用にはあたらないため、医療費控除の対象とはなりません。