HOME 実務解説 税金の知識 金融機関が見ている決算書のポイント

金融機関が見ている決算書のポイント

  個人法人を問わず、事業者であれば必ず決算書を作成しています。 そして、融資に際してはこの決算書が融資判断に大きく影響するのはご存知のとおりです。 本稿では、金融機関が見ている融資における決算書のポイントをいくつかご紹介します。

■利益だけを見てはいない

経営者の方は、損益計算書の経常利益や当期利益にどうしても目がいきがちです。確かに赤字であれば融資にマイナスとなり、大幅な黒字であれば納税額が気になりますから。

損益計算書が大切なことは確かなのですが、金融機関は貸借対照表も同様に重視しています。貸借対照表からは、損益計算書ではわからない財務的健全性などの企業の健康状態が判断できます。

■在庫は適正額か

損益計算書でしっかりと利益が出ていても、在庫が多額にあれば融資にはマイナスとなります。

売上高に比して多額な在庫を有していれば、在庫の回転率が低いというだけでなく、その在庫品の品質低下や陳腐化といった不良化の心配も出てきます。

長期滞留在庫では資産価値が限りなくゼロということもあり、在庫処分で赤字決算となる可能性も否定できないわけです。こうした実態を金融機関もわかっているので在庫の増減には注意しています。

■預金額の変動が激しくないか

当座資産の中でも現金預金の動きは重要です。未収金、売掛金、手形の回収不能から黒字倒産へとつながることはよく知られていますが、筆者が見てきた多くの黒字倒産では、平時において現金預金残高がかなり不足状態にある会社が多いのです。

金融機関も多くの融資事故の経験から、決算書の事業年度比較においては預金額の変動を見ています。

■固定資産の内容は

製造業であれば設備投資は不可欠であり、保有する機械や設備は貸借対照表の固定資産に計上されています。バブル期であれば土地や有価証券が典型でしたが、現在もこうした資産が計上されているとその資産価値が疑われやすいので、経営に不要な資産であれば計画的に処分をすすめていくようにします。