HOME 人事労務トピックス 改正個人情報保護法・マイナンバー制度 総務省 世界的な不正プログラムの感染被害について注意喚起

総務省 世界的な不正プログラムの感染被害について注意喚起

 今月12日(金)より、Wanna Cryptor、WannaCrypt、WannaCry、WannaCryptor、Wcry等と呼ばれるランサムウェアの感染により、世界的にITシステムの障害が発生しています。
 これを受けて、総務省は15日、注意喚起のお知らせを出しました。

 このランサムウェアに感染する可能性が高いのは、日本マイクロソフト株式会社が提供するソフトウェア製品Windows(同社の登録商標)を使用しているシステムのうち、適切にソフトウェアの更新が行われていないものということで、同社の 「ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス」のリンクが紹介されています。

<世界的な不正プログラムの感染被害について(注意喚起)>
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000264.html