HOME 人事労務トピックス その他 「パートナーシップ構築宣言」企業が10,000社を達成(日本商工会議所)

「パートナーシップ構築宣言」企業が10,000社を達成(日本商工会議所)

「パートナーシップ構築宣言」は、大企業や中小企業が取引先との共存共栄、つまりWin-Winの関係を構築して、共に成長し、持続可能な関係を築いていきましょう、という制度です。

この趣旨に賛同した企業であれば、規模・業種を問わずに参加できます(無料)。

宣言企業は、共存共栄の取組みを実践していくことで、「SDGs」の5つの項目に「わが社は取組んでいる」と表明することができます。

その宣言企業数は、令和3年10月19日に当初の目標の2,000社を突破。

その後も増加を続け、令和4年6月22日の時点で、10,000社に達したということです。

予想を上回る反響が続いているようです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

「パートナーシップ構築宣言」ポータルサイトのリンクなども紹介されており、宣言への参加方法なども確認することができます。

<「パートナーシップ構築宣言」企業が10,000社となりました>

https://www.jcci.or.jp/sme/2022/0622151034.html

2022//6/23

関連記事

お役立ちツール