HOME 人事労務トピックス 労働経済 「新子育て安心プラン」を公表 4年間で約 14 万人の保育の受け皿を整備(厚労省)

「新子育て安心プラン」を公表 4年間で約 14 万人の保育の受け皿を整備(厚労省)

厚生労働省から、「新子育て安心プラン」が公表されました(令和2年12月21日公表)。

「新子育て安心プラン」は、待機児童の解消を目指し、女性の就業率の上昇を踏まえた保育の受け皿整備、幼稚園やベビーシッターを含めた地域の子育て資源の活用を進めるために取りまとめられました。

これに基づき、4年間で約 14 万人の保育の受け皿を整備するほか、①地域の特性に応じた支援、②魅力向上を通じた保育士の確保、③地域のあらゆる子育て資源の活用を柱として、各種取組を推進していくととしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「新子育て安心プラン」の公表について>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000202678_00005.html