HOME 人事労務トピックス 労働経済 新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(オフィス向け・製造業事業場向け)を改訂(経団連)

新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(オフィス向け・製造業事業場向け)を改訂(経団連)

経団連(日本経済団体連合会)では、新型コロナウイルス感染症と共存するウィズコロナの期間において、感染症のまん延を防止しつつ、事業を通じた国民生活への貢献を行うために事業者が留意すべき基本的事項として、令和2年5月14日に、オフィスと製造事業所それぞれを対象に「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を取りまとめました。

その後、感染症に関するエビデンスの蓄積によって、より効果的な対策が明らかになってきたことから、感染防止策を講じつつ、円滑な事業活動が行えるよう、このガイドラインの改訂を行ったということです(令和2年12月1日付けで改訂)。

いくつかの項目について、改訂・追加が行われていますが、たとえば、「寒冷期の換気頻度の向上、湿度管理についての注意喚起」という項目が追加されています。

改訂後のガイドラインが公表されていますので、ご確認ください。

 詳しくは、こちらです。

<新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインの改訂について>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2020/118.html