HOME 人事労務トピックス 労働経済 コロナ禍で6割強の企業が最終面接まですべてウェブ面接(経団連調査)

コロナ禍で6割強の企業が最終面接まですべてウェブ面接(経団連調査)

 経団連(日本経済団体連合会)から、「2021年度入社対象 新卒採用活動に関するアンケート結果」が公表されました(令和2年9月15日公表)。この調査は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が新卒採用活動にも及んでいる状況に鑑み、その影響と課題、対応状況等を把握するため、経団連全会員企業を対象にアンケートを実施し、集計したものです。加えて、新卒採用における通年採用やジョブ型採用の取組みについても調査が行われました。報道で話題になっているのは、ウェブ面接の状況です。

 2020年度(令和2年度)において、新型コロナウイルス感染拡大により、多くの企業で業績の不透明感が増しているものの、ほとんどの企業で新卒採用活動を実施したということです。その際の面接について、9割超の企業がウェブ面接を実施し、6割強の企業が最終面接を含めてすべてウェブを活用したということです。

 なお、ウェブ面接を実施した企業のうち、対面の面接より学生の評価が難しいと回答した企業は6割超だったということです。詳しくは、こちらをご覧ください。

<2021年度入社対象 新卒採用活動に関するアンケート結果>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2020/080.pdf