HOME 人事労務トピックス 労働経済 全世代型社会保障改革 総理と現場との意見交換会を開催

全世代型社会保障改革 総理と現場との意見交換会を開催

令和元年(2019年)11月20日、首相官邸において「全世代型社会保障改革に関する総理と現場との意見交換会」が開催されました。

高校生・大学生から非正規労働の高齢者まで幅広い年齢層の11人が参加し、安倍総理や関係閣僚と意見交換を行ったということです。

 安倍総理は、「年金、医療、介護そして働き方も含めた改革を進めていく」、「社会保障は、人生100年時代の中において、お年寄りだけではなくて子育て世代も、少しリタイアした方も、あるいは未来を担う世代の人たちも、全ての人たちにとって大切」などととし、「全世代型の社会保障に変えていくという大きな改革を進めていきたい」と決意を述べています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<安倍総理は全世代型社会保障改革に関する総理と現場との意見交換会に出席しました>

http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201911/20zensedai.html