HOME 人事労務トピックス 労働経済 「男性は長髪NG」「女性はパンプス」など男女で異なる決まりが多数(連合調査)

「男性は長髪NG」「女性はパンプス」など男女で異なる決まりが多数(連合調査)

連合(日本労働組合総連合会)から「社内ルールにおける男女差に関する調査2019」が公表されていますが、これがちょっとした話題となっています。

この調査は、職場における服装・身だしなみや旧姓・通称使用についての決まり・ルールに関する意識や実態を把握するため、インターネットリサーチにより実施し、全国の20歳~59歳の有職者1,000名の有効サンプルを集計したものです。

そのポイントは、次のとおりです。
●職場での決まりについて
・服装や身だしなみについての決まりの有無について、「ある」は57.1%、宿泊業や飲食サービス業が高い傾向
・「男性は長髪NG」、「女性はシャツ色ピンク」、「女性はパンプス」など、男女で異なる決まりが多数
・「パンプスのヒールの高さに決まりがある」は19.4%
・服装や身だしなみの決まりに従わないときの扱いについて、「何らかの処分がある」は19.4%、「何もない」は30.5%
処分の内容の最多は「始末書提出」
☆全回答者に、服装・身だしなみの決まりについて思うことを聞いたところ、「あったほうがよい」は14.7%、「最低限でよいと思う」は54.9%、「本人に任せるべき」は18.1%、「ないほうがよい」は5.2%という結果となっています。

●職場での旧姓・通称使用について
・「職場で旧姓・通称の使用がともに認められている」が36.3%

●名字の変更と選択的夫婦別姓制度について
・「選択的夫婦別姓という言葉や制度を知っている」は83.3%
・選択的夫婦別姓制度の導入に向けた法改正についての意識について、「賛成」は44.6%、「反対」は8.7%
☆選択的夫婦別姓制度が導入された場合にどのようにしたいと思うか、その意向をみると、「同姓がよい/同姓でよい」は40.7%、「別姓がよい/別姓でよい」は4.9%、「どちらでもよい」は39.6%、「わからない」は14.8%という結果となっています。

服装・身だしなみの決まりについては、最低限の決まりで足りると考えている人が多いということです。
どこが最低限なのかという線引きが難しいところですが、納得できるルールなら受け入れられるが、意味もなく厳しいルールは受け入れられないということかもしれませんね。
時代錯誤のルールが存在していないか? これを機に考えてみてもよいかもしれませんね。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<社内ルールにおける男女差に関する調査2019(連合)>
≫ https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20191115.pdf