HOME 人事労務トピックス 労働経済 令和2年度の予算編成に向けて社会保障の議論を開始(財政審の分科会)

令和2年度の予算編成に向けて社会保障の議論を開始(財政審の分科会)

 財務省から、令和元年(2019年)10月9日に開催された「財政制度等審議会 財政制度分科会」の資料が公表されました。

 議題は、「社会保障」。

 令和2年度(2020年度)の予算編成に向けて、社会保障の議論が始まりました。
 今回は、総論、年金、介護、子ども・子育てについて、財務省が資料を提出し、説明が行われました。
 今後、医療についても取りまとめるとのことです。

 報道で話題になったのは、年金のうちの在職老齢年金。
 在職老齢年金については、政府が見直しの方針を示していますが、財政審の財政制度分科会では、委員から「現役世代の納得を得られない」などといった見直しに慎重な意見が相次いだということです。

 また、介護についても話題になっています。
 介護については、一部の高所得者を除き原則1割負担としている介護保険サービスの利用者負担の割合を、原則2割とすることなどが示されていますが、これについては、賛成意見が多いようです。

 提出された資料について、詳しくは、こちらをご覧ください。
<財政制度分科会(令和元年10月9日開催)提出資料
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20191009.html