HOME 人事労務トピックス 労働経済 大手企業の夏のボーナス 最終集計92万円 高水準も2年ぶりの減少(経団連調査)

大手企業の夏のボーナス 最終集計92万円 高水準も2年ぶりの減少(経団連調査)

経団連(日本経済団体連合会)から、「2019年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)〔最終集計〕」が公表されました(令和元年(2019年)8月2日公表)。 これによると、平均妥結額は、前年の夏と比べて3.44%減の92万1,107円と、2年ぶりの減少となっています(137社の総平均)。 前年の水準を下回ったことについて、経団連では、「基本給を底上げするベースアップ(ベア)の獲得を優先し、労働組合では賞与の要求段階で(金額を)引き下げる動きが目立った」と分析しているようです。 また、中国経済の減速などで業績の先行きに不透明感が増しており、労使交渉に影響した可能性もあるといった見解もあります。 詳しくは、こちらをご覧ください。 <2019年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)〔最終集計〕> http://www.keidanren.or.jp/policy/2019/063.pdf