HOME 人事労務トピックス 労働経済 大学生の10月時点の就職内定率 77%で過去最高

大学生の10月時点の就職内定率 77%で過去最高

 厚生労働省及び文部科学省から、「平成30年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)」が公表されました(平成30年11月16日公表)。

 これによると、来春卒業を予定している大学生の本年10月1日時点の就職内定率は、前年比1.8ポイント増の「77.0%」で、調査が始まった1996年以降、この時期としては最高となっています。

 両省は、景気が好調で企業の採用意欲が高いことや、就職活動の早期化が背景にあるとみているようです。
 両省では、今後も、大学やハローワークを通じて、内定を得ていない学生の支援を続けるとのことです。

 なお、今春(2018年春)に卒業した大学生の4月1日時点の就職率は過去最高の98.0%でした。
 来春(2019年春)卒業予定の大学生についても、最終的には、同様に高い水準の就職率になるとみられています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
<平成30年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)を公表します>
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00001.html