HOME 人事労務トピックス 労働経済 天皇陛下の退位「再来年4月30日」、新天皇の即位と改元「翌5月1日」で固まる

天皇陛下の退位「再来年4月30日」、新天皇の即位と改元「翌5月1日」で固まる

 天皇陛下の退位をめぐって皇室会議で意見集約がなされ、陛下が再来年(2019年)4月30日に退位され、皇太子さまがその翌日の5月1日に即位されることが固まった見込です。
 
 退位の日程が4月末となったのは、再来年の春には統一地方選挙が予定されているほか、新年度予算案の国会審議も行われていることなどを考慮し、一連の儀式などを静かな環境で終えるためにはこうした時期を避けることが望ましいという政府側の考えを踏まえたものと見られています。
 また、4月29日が昭和天皇の誕生日の「昭和の日」であることを踏まえた判断もあったようです(皇室に関係する記念日が3日続くことになります)。

 政府は、平成29年12月8日にも、天皇陛下の退位の日となる天皇退位特例法の施行日を、閣議で正式に決定するとのことです。

 詳しくは、首相官邸における皇室会議の報告をご覧ください。
<皇室会議について(平成29年12月1日(金)午前)>
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201712/1_a2.html