HOME 人事労務トピックス 労働経済 初任給 すべての学歴・規模で増加傾向

初任給 すべての学歴・規模で増加傾向

 厚生労働省から、平成29年11月15日、「平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」が公表されました。

 毎年行われているものですが、今回公表された内容は、新規学卒者の平成29年初任給(6月分)についての結果で、10人以上の常用労働者を雇用する民間の事業所のうち、有効回答を得た事業所の中で初任給が確定している15,378 事業所について集計されたものです。 

 これによると、男女計の初任給は、すべての学歴で4年連続の増加となっています。

 大学卒及び高校卒の初任給を企業規模別にみても、男女計では、大企業(常用労働者1,000人以上)、中企業(同100~999人)及び小企業(同10~99人)の全ての企業規模において、前年を上回っています。

例)大学卒〔男女計〕 ・大企業→211,000円(前年比2.0%増)

・中企業→202,500円(同0.7%増)

・小企業→199,600円(同0.3%増)

☆規模計→206,100円(同1.3%増)……4年連続増加で過去最高

 同省では、「経済の緩やかな回復を背景に、賃金や就職率が上昇傾向にあり、新卒者の労働市場が改善している」と分析しているようです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況> http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/17/index.html

2017/11/16 労働経済