HOME 人事労務トピックス 労働経済 令和4年3月新卒者の内定取消し50人 前年の136人から大幅に減少(厚労省)

令和4年3月新卒者の内定取消し50人 前年の136人から大幅に減少(厚労省)

厚生労働省は、令和4年3月に大学や高等学校などを卒業して就職を予定していた人のうち、内定取消しとなったり、入職(入社)時期が延期(繰下げ)となった人の状況(令和4年8月末現在)を取りまとめ、公表しました(令和4年9月16日公表)。

新卒者を雇い入れようとする事業主等は、内定の取消しや入職時期の繰下げを行う場合、ハローワークに通知する必要がありますが、この取りまとめは、それらの通知内容を集計したものです。

その結果のポイントは、次のとおりです。

●採用内定取消し状況/各数値は令和4年8月末現在のもの
 ・令和4年3月新卒者の内定取消し→27(8)事業所・50(29)人
 〔参考〕令和3年3月新卒者の内定取消し→37(25)事業所・136(124)人
●入職時期繰下げ状況
・令和4年3月新卒者については該当なし
 〔参考〕令和3年3月新卒者の入職時繰下げ→16(11)事業所・159(154)人

※( )内の数値は、主として新型コロナウイルス感染症の影響によると考えられるもの

令和4年3月新卒者の内定取消しは、新型コロナの影響を強く受けた前年に比べると大幅に減少し、感染拡大前の水準にほぼ戻りました。
しかし、8事業所・29人は新型コロナの影響で取り消されていたということで、「一部の業種などで新型コロナの影響が残っている」と分析されています。

なお、内定取消しが「事業活動縮小を余儀なくされているとは明らかに認められない」などの場合には、事業所名を公表できることになっていますが、令和4年3月新卒者に係る内定取消しについては、公表対象となる事業所はなかったということです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<令和4年3月新卒者内定取消し等の状況を公表します>
https://www.mhlw.go.jp/stf/0000184815_00027.html