HOME 人事労務トピックス 労働経済 就職氷河期世代支援に関する行動計画2021を策定(内閣官房)

就職氷河期世代支援に関する行動計画2021を策定(内閣官房)

 

内閣官房から、第4回就職氷河期世代支援の推進に関する関係府省会議を開催し、就職氷河期世代支援に関する行動計画2021をとりまとめたとのお知らせがありました(令和3年12月24日公表)。 

政府は、「就職氷河期世代支援プログラム」により、令和2年度からの3年間を集中的に取り組むべき期間と定め、就職氷河期世代の就労支援や社会参加支援を行うこととしています。

「就職氷河期世代支援に関する行動計画」は、このプログラムを踏まえた具体的な施策を定めたものです。

毎年12月を目途に改定が行われていますが、この度、令和3年度補正予算及び令和4年度予算案などを踏まえた改定が行われ、「就職氷河期世代支援に関する行動計画2021」として策定・公表されました。

その施策には、企業への採用インセンティブのため、就職氷河期世代を雇用した場合等に助成金を支給することなどが含まれています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<第4回 就職氷河期世代支援の推進に関する関係府省会議を開催(持ち回り開催)し、就職氷河期世代支援に関する行動計画2021をとりまとめました>
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/shushoku_hyogaki_shien/keikaku2021/index.html