HOME 人事労務トピックス 労働経済 新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン 三訂版を公表(経団連)

新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン 三訂版を公表(経団連)

経団連(日本経済団体連合会)は、感染症のまん延を防止しつつ、事業を通じた国民生活への貢献を行うために事業者が留意すべき基本的事項として、令和2年5月に「オフィス」と「製造事業場」のそれぞれを対象として、「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」を取りまとめています。

このガイドラインは、令和2年12月、令和3年4月に改訂が行われましたが、これに続き、令和3年10月15日に改訂を行ったということです。

今回の三訂における主な変更箇所は次のとおりです。

【講じるべき対策】

●感染予防対策の体制

従業員がワクチン接種を受けやすい職場環境の整備について記載した。

ワクチン接種は強制せず、意義と位置づけの周知啓発することを記載した。

●健康確保

健康管理アプリの活用について記載した。

厚生労働省承認の抗原簡易キットの利用について記載した。

日本渡航医学会・日本産業衛生学会「職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド」の参照を第5版に更新した。

●勤務

記載の整理統合と順番の入れ替えを行い、より簡明なものとすることとした。

マスクについて、布やウレタンよりも不織布の方が、効果が高いとの内閣官房新型コロナウイルス感染症ウェブサイトに紹介されている見解を紹介。

会議の時間を短くする旨を記載した。

昼食場所の換気は特に注意すべき旨を記載した。

●休憩・休息・喫煙スペース、食堂

食事、着替え、喫煙などでマスクを着用していない時は、会話を控え、会話をする場合は、必ずマスクを着用する旨を記載した。

●従業員に対する感染防止策の啓発等

「咳、咽頭痛」といった症状について記載した。

政府の水際措置の自宅待機期間の伸縮に応じて、対策を読み込めるよう記載を修正した。

経団連では、「今般の変更内容や変更の趣旨等をご理解いただいた上で、本ガイドラインや、所属する業界団体などで示される指針等を踏まえ、引き続き、新型コロナウイルスの感染予防と事業活動の両立に取り組んでいただきますようお願い申し上げます」としています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインの三訂について(経団連)>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2021/094.html