HOME 人事労務トピックス 労働法 職業紹介における求人の不受理(職業安定法の改正)に係る政省令や告示の案を示す

職業紹介における求人の不受理(職業安定法の改正)に係る政省令や告示の案を示す

厚生労働省から、2019(平成31)年2月7日に開催された「第136回労働政策審議会職業安定分科会」の資料が公表されました。

この分科会では、職業紹介における求人の不受理(職業安定法の改正)に係る政省令や告示の案の諮問などが行われました。

職業紹介における求人の不受理については、2017(平成29)年3月31日に公布された職業安定法の改正によって規定されたものです。
その公布の日から3年以内施行されることになっていましたが、その施行日は、2020(平成32)年3月30日となる予定です(今回諮問)。

これが施行されると、ハローワークや職業紹介事業者等は、一定の労働関係法令違反の求人者による求人を受理しないことができることになります。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<第136回労働政策審議会職業安定分科会/資料>
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03461.html

2019/2/7