HOME 専門家の知恵 退職金・企業年金 【専門家の知恵】「専業主夫」という家族形態に見る社会保障制度の“男女逆差別”

【専門家の知恵】「専業主夫」という家族形態に見る社会保障制度の“男女逆差別”

「専業主夫」という家族形態に見る社会保障制度の“男女逆差別”

<株式会社WBC&アソシエイツ 大曲 義典/PSR会員>

 

 最近は、妻が外で働き、夫が家事・育児に専念するという夫婦が増えている。夫婦としての在り方についての価値観が変容してきたことや、女性活躍が称賛され、その支援や配慮が不十分ながらも整えられてきたことなどが主因であろう。

 

◆「専業主夫」は社会で受け入れられているか?

 一方で、いわゆる「専業主夫」を取り巻く環境は厳しい。私たちはその実情をあまりにも知らな過ぎる。すでにこの社会が進歩的で寛容で、従来からの性に基づく役割を乗り越えているかに思っているかも知れないが、それは全くの事実誤認である。

 特に「育児」を抱える「専業主夫」は、さまざまな差別的取扱いを受けている。未だに、子育ては母親、という旧来の固定観念が男女問わず色濃く残っているのだ。

「パパ友」ができることも稀だし、「ママ友」グループに受け入れられることも少ない。多方面からのバッシングも酷いものだ。専業主夫に対してぶつけられる「何で君が彼女の仕事を奪うの?」、「結婚後の夫婦の主導権はどちらが握っているの?」などという非難は、果たして進歩社会で発せられる言葉と言えるだろうか。

 

◆遺族厚生年金の男女逆差別

「専業主夫」であることに関する国の社会保障制度も酷い。まず、年金制度を見てみよう。

 経済的な大黒柱たるサラリーマン・ウーマンが亡くなってしまった時には、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」が、生計を維持されていた遺族へ支給されることがある。いわゆる「遺族年金」と呼ばれるものだ。

 2014年3月末までは、「遺族基礎年金」の支給対象は「子どものいる妻」か「子ども」に限られ、「子どものいる夫」には受給資格がなかった。この男女差を解消するために、対象が「子どものいる妻」から「子どものいる配偶者」に変更され、2014年4月からは、要件を満たした父子家庭にも「遺族基礎年金」が支給されるようになった。

 一方、「遺族厚生年金」については、亡くなった人の配偶者が「妻」の場合は、無条件に支給されるが、それが「夫」の場合には、55歳以上という年齢制限がかかり、しかも年金を受給できるのは、60歳に到達してからとなっている。つまり、若年層の「専業主夫」には、「遺族厚生年金」は支給の対象とされていないのである。

 その上、「遺族厚生年金」の場合、「中高齢の寡婦加算」でも男性は差別されている。遺族が一定の要件を満たす40歳以上65歳未満の「妻」であれば、「中高齢の寡婦加算」として「遺族厚生年金」に年額585,100円(2019年度の額)が上乗せされるが、それが「夫」の場合は全く蚊帳の外なのである。

 

◆労災保険の男女逆差別

 さらに、労災保険の「遺族補償年金」にも、男女逆差別が存在する。

「遺族補償年金」とは、業務上、または、通勤災害によってサラリーマン・ウーマンが亡くなった場合、一定の要件を満たす遺族が受け取ることができる労災補償制度である。亡くなった人の配偶者も支給対象であるが、「妻」と「夫」では、やはり大きく要件が異なっている。

 遺族が妻の場合は年齢等の要件はないが、遺族が夫の場合、55歳以上であること、あるいは一定の障害があること、のいずれかの要件を満たす必要がある。要するに、遺族が夫の場合、55歳未満であれば(一定の障害がない限り)遺族補償年金を一切受給することができないようになっているのだ。

 このように、「専業主夫」という選択は、夫婦の有り様としては全く間違ったことではないが、社会保障の仕組みを踏まえると、なかなか選択できない、あるいは、選択するには別途のコスト負担(生命保険等への加入)を覚悟しておかなければならない、というのが現実である。

 働き方改革を進めるにあたって、「多様な働き方」、「女性活躍」を標榜している国としては、社会意識を含め、あまりにもお粗末過ぎる状況にあると言えるだろう。世界の中で生きていかざるを得ない我が国としては、早くグローバル・スタンダードに追いつき、すべての人たちに理解のある寛容なユニバーサル社会づくりに勤しむべきである。

 

 

プロフィール

psr oomagari
社会保険労務士 ファイナンシャル・プランナー(CFP®) 1級DCプランナー 大曲 義典
株式会社WBC&アソシエイツ(併設:大曲義典 社会保険労務士事務所)
1万円札を積み上げたら1万㎞の高さ、重さは10万トン。日本の抱える借金残高1000兆円の実態です。社会保障費の増加が主因です。事の本質を捉え、ゆでガエル状態からの脱却を目指した経営戦略支援を心がけています。

 

「社労士の知恵」の記事

 

 

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。