HOME 専門家の知恵 退職金・企業年金 【専門家の知恵】企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

【専門家の知恵】企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

企業も従業員も知っておくべき「うつ病」の実像(前編)

<株式会社WBC&アソシエイツ 大曲 義典/PSR会員>

 

 精神疾患のなかでも、「うつ病」ほど身近な病気もないだろう。企業等に属していれば、少なからぬ従業員が罹患し、通院したり、休職したりしていることも多いだろう。しかし、「うつ病」の実像をどれだけの人が御存じだろうか。本稿では、現代病ともいえる「うつ病」について、企業・従業員とも理解しておくべき実像を「前編」「後編」に分けてお伝えしよう。

 

◆「うつ病」の患者数

 厚生労働省の不定期な「患者調査」によれば、気分(感情)障害(躁うつ病含む)の患者総数は、1996年の433千人から2013年には1,116千人へと大幅に増加している。下図がその推移である。

1710oo

 ご覧のとおり、1999年から急激に増加し始めたのが理解できよう。これは、日本で初めて抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込阻害剤)が認可された年であり、製薬業界による【うつ病は「心の風邪」キャンペーン】が打たれたのと軌を一にしている。お見込のとおり、大量の「うつ病」患者が作られたのである。そもそも、うつ病とはどのようにカテゴライズされているのか?そして、どのように診断されているのだろうか?

 

◆「うつ病」とは?

 独協医科大学越谷病院こころの診療科の井原教授によれば、本来の「うつ病」は一瞥してわかるそうだ。曰く「重いうつ病や妄想をともなう精神病性うつ病は、悩みはあるものの病気とまでいえない普通の悩める人=『悩める健康人』とは、そもそも抱えている悩みの性質や深刻さが違います。」下図は、井原教授の「うつの重症度別分類」に筆者が主旨を変えずに改変したものだが、前述のうつ病患者数が急激に増加した1999年以降は、「軽症うつ病」や「適応障害・気分変調症」が増加しているようである。井原教授は、このカテゴリーに分類された人たちのことを『悩める健康人』と表現されている。

 そして、うつ病概念の混乱の要因を米国精神医学会の「DSM(精神障害の診断と統計マニュアル)」による「操作的診断基準」に求められている。それによると、下記9項目の症状のうち5項目以上に該当し、それが2週間以上継続すれば「うつ病」と診断されてしまうそうだ。仮に、この条件を満たさなくても、「適応障害(うつ状態)」「気分変調症(うつ状態)」と診断されてしまう。しかも、この診断方法には科学的エビデンスがなく、さらに問題なのは原因が全く考慮されていない点にある。こうして、薬物療法しかできない精神科医からは、安易に「抗うつ薬」が処方されているようである。井原教授の言葉を借りれば、グレーゾーンに位置する『悩める健康人』までもが、「うつ病」の烙印を押されているわけだ。

 ①その人自身の言葉か、他者の観察によって示される、ほとんど毎日の抑うつ気分
 ②ほとんど毎日の、ほとんどすべての活動における興味又は喜びの著しい減退
 ③食事療法なしの状況での体重減少・体重増加、又はほとんど毎日の食欲の減退・増加
 ④ほとんど毎日の不眠または仮眠
 ⑤ほとんど毎日の精神運動焦燥又は制止
 ⑥ほとんど毎日の疲労感、又は気力の減退
 ⑦ほとんど毎日の無価値観、又は過剰、不適切な罪責感
 ⑧思考力や集中力の減退、又は決断困難がほとんど毎日認められる
 ⑨死についての繰り返し考える、特別な計画はないが繰り返される自殺念慮、又は自殺企画、又は自殺するためのはっきりとした計画

 

◆「うつ病」に必要な処方箋

 「うつ病」に対する薬物療法は、重いうつや精神病性うつには有効であっても、グレーゾーンの「軽症うつ病」「適応障害」「気分変調症」にはほとんど効かないと言われている。かえって薬物の副作用によって、患者が拡大再生産されているのが現状だという。現に、日本うつ病学会は2012年に「軽症うつ病」については、「プラセボに対し確実に有効性を示しうる治療薬は存在しない」と宣言している。プラセボとは、本物の薬のように見える外見をしているが、薬として効く成分は入っていない、偽物の薬のことである。それでは、「うつ病」とくにグレーゾーンの人たちへの治療法として、本来どのようなものが必要なのだろうか?

 まずもって必要なのは適切な「療養指導」である。具体的には、生活習慣の乱れや対人交流の改善である。特に、睡眠指導を受けることは必須だ。睡眠時間や睡眠相を安定させることで、多くの人たちはうつ状態が改善すると言われている。

 次に必要なのは、精神療法アプローチである。精神療法には、支持的精神療法・認知行動療法・森田療法・対人関係療法など、様々なものが開発されている。例えば、認知行動療法は、「人間の感情は出来事によって生じるのではなく、その出来事をどう捉えるかによって決まる」という考え方に基づいて、歪んだものの見方を修正して悲観的な思考パターンに陥らないように働きかけることで症状の改善を図るというものである。

 最後は、問題解決アプローチである。うつ病の診断にあたって、「その原因が全く考慮されていない」ことは前述のとおりであるが、現実にうつ病の診断を受けた人は幾ばくかの問題を抱えている。例えば、労働問題(長時間労働やハラスメントなど)、経済問題(多重債務や投資詐欺など)、対人問題(相続や離婚など)などである。根源的には、これらの問題を抱えていることがうつ病からの回復を妨げている訳であり、この課題解決アプローチは極めて重要な治療法の一つである。

 薬物治療を抑制し、以上のような治療法が選択されていれば良いが、そうでなければ従業員はもとより、企業にも由々しき事態を招いてしまう。このことを当事者は念頭に置いておくべきであろう。
 

 

 

プロフィール

psr oomagari
社会保険労務士 ファイナンシャル・プランナー(CFP®) 1級DCプランナー 大曲 義典
株式会社WBC&アソシエイツ(併設:大曲義典 社会保険労務士事務所)
1万円札を積み上げたら1万㎞の高さ、重さは10万トン。日本の抱える借金残高1000兆円の実態です。社会保障費の増加が主因です。事の本質を捉え、ゆでガエル状態からの脱却を目指した経営戦略支援を心がけています。

 

「社労士の知恵」の記事

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。