HOME 専門家の知恵 メンタルヘルス・ハラスメント 【専門家の知恵】怒りや不安を抑えたいときのコツ

【専門家の知恵】怒りや不安を抑えたいときのコツ

怒りや不安を抑えたいときのコツ

<Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所 植田 健太/PSR会員>

 

 臨床心理士としていろいろな方とお話ししていて、感情のコントロールの仕方を教えてくださいといわれることが多くある。 

 同僚や取引先、家族などと言い合いになってしまった、仕事上の失敗で自信をなくしてしまうなど、生活していると怒りや不安が出てくることはあるだろう。 
 
 怒りや不安が起こるのは自然なことではあるが、そのまま怒りや不安をずっと抱えこんでいては、不要なミスを招いたり、周りに八つ当たりしてしまったりすることもあるかもしれない。
 
 感情をコントロールして怒りや不安を抑えることができると、過去にとらわれることなく集中して取り組めるので、ビジネスマンとしてさらに結果を出すことができるだろう。

 感情をコントロールするときに大切なのは、認知(考え方、捉え方)を変えることである。しかしながら、簡単に認知を変えることは難しいものだ。

 

◆認知を変えることの難しさ

 例えば有名な「しろくま実験」というものがある。

 シロクマ実験とは,1987年にアメリカの心理学者であるウェグナー(Wegner, D. M.)という人物によって行われた。

 実験の概要は以下のようなものだ。
 1.まず、実験に参加した協力者たちをA~Cの3つのグループに分ける。
 2.次に各グループにシロクマの1日を追った映像を見せます。
 3.そして、それぞれのグループにそれぞれ違った依頼をする。
 4.Aグループには、「シロクマのことを覚えておいてください」とお願いする。
 5.Bグループには、「シロクマのことを考えても考えなくてもいいです」とお願いする。
 6.Cグループには、「シロクマのことだけは絶対に考えないでください」とお願いする。
 7.その後協力者には一旦解散してもらい、ある一定期間をおいて、再度集めて映像のことについて覚えているか尋ねる。

 さて、A~Cのグループのうち、シロクマの映像のことを覚えていたのはどのグループだろうか。

 最もシロクマの映像を覚えていたのは、実は「シロクマのことは絶対に考えないでください」とお願いされていたCのグループだったのだ。

 この実験から、認知をコントロールするのがいかに難しいかが理解できるだろう。考えるなと言われると考えてしまうものなのだ。

 では、どうすればいいのだろうか?

 認知行動療法では、いろいろなワークシートを用いて認知の癖をなくしていくのだが、もっと手軽な方法もある。

 

◆認知の癖をなくし感情を抑える、手軽な方法とは?

 認知の癖をなくす手軽な方法とは、いつもの認知が浮かんだ時に、とっさに「と思った」と付け加えることだ。

例えば、
「自分はミスが多い」、「自分なんて価値がない」
と考えて落ち込んでしまう場合は、
「自分はミスが多い」と思った、「自分なんて価値がない」と思った
と付け加える。

 たったこれだけで、落ち込むに至った内容は確実なものではなく、ただの推測の言葉となる。認知と距離を置いて、第三者目線で冷静になることができる。

これは、不安な感情だけではなく、怒りの感情にも有効だ。
「あいつなんて理不尽なんだろう。許せない」も
「あいつなんて理不尽なんだろう。許せない」と思った
とすると、怒りもコントロールすることができる。

 不安や怒りの感情をある程度コントロールできるようになれば、不要な争いが避けられて、仕事や日常生活で過ごしやすくなるはずだ。

 ぜひ試してみていただきたい。

 

 

プロフィール

psr ueda
こころと法律の専門家 代表 日本唯一の臨床心理士・社労士事務所代表 植田 健太
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所(http://cp-sr.com)代表
日本で唯一男性で臨床心理士・社労士を保有しております。企業のメンタルヘルス対策に特化しております。事務所理念は「頑張る人がより頑張れる環境作り」です。 

「社労士の知恵」の記事

 

 

 

 

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。