HOME 専門家の知恵 メンタルヘルス・ハラスメント 【専門家の知恵】どうして同じ職場なのに不調になる人とならない人がいるのか (2)

【専門家の知恵】どうして同じ職場なのに不調になる人とならない人がいるのか (2)

どうして同じ職場なのに不調になる人とならない人がいるのか

<Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所 植田 健太/PSR会員>

 

 同じ職場環境で、同じくらいの仕事量、プレッシャーなのに、心身の不調をきたす人とそうでない人がいる。

 なぜそのような違いが生まれるのだろうか。

 今回は、その代表的な4つの要因についてご紹介したい。

 

【1.コーピング】

 コーピングとは、心理学辞典(有斐閣)によると、「ストレスがかかった時にストレス反応を低減することを目的とした認知的または行動的努力のプロセスのこと」を指す。つまり、ストレス対処行動である。

 なにかストレスフルな状況で(例えば、残業が多い等)、ある人が気晴らしにカラオケに行くことも、あるいは、あきらめてしまうこともコーピングの一つとなる。

 逃げたりあきらめたりしてばかりだと仕事にならないため、社会人として有効なコーピング方法を身につける、また、そのレパートリーを増やし適切に実施することでストレスを乗り切ることができるようになるのである。

 以下に、科学的に効果のあるコーピングの例をまとめた。ぜひ参考にしてほしい。

 コーピングの種類を増やすには、ほかの人を見習うのが一番である。職場でストレスに強そうな人が行っている、なにげないコーピングを参照してみるのもいいだろう。

 

【2.認知】

 認知とは、心理学の世界ではものの捉え方のことを言う。

 例えば、雨が降っているという状況に対して、
 ・「服がぬれてしまう」ととらえる人は、雨を見ていやだなと感じ
 ・「花粉が飛ばないな」ととらえる人は、雨を見てうれしく感じる

 つまり同じ「雨が降る」という事象に対して、認知が異なるとその後生じる感情にも変化が生じるのである。

 仕事でも同様で、同じ状況に対しても認知が異なれば、プレッシャーに感じたりその逆だったりするのだ。

 あまりにも客観的に妥当でない認知によって本人が仕事ができなくなっている場合は、認知を修正することもよい方法であろう。

 

【3.セルフ・エフィカシー】

 セルフ・エフィカシーとは心理学の用語で、自己効力感と訳される。平たく言うと”ある行動をやることができるであろうという自信”と言える。セルフ・エフィカシーが高いと、行動の生起頻度が高くなる。つまり、仕事でいうとバリバリと働ける状態となるのだ。

 

 では、そのセルフ・エフィカシーはどのようにしたら高められるのだろうか。

 セルフ・エフィカシーを高めるためには、成功体験を積むことが一番である。

 その面では、新入社員などに始めは簡単な仕事からアサインしていき徐々に難しい仕事を任せていくという日本の教育スタイルは合致しているといえる。

 また、セルフ・エフィカシーは、成功している人を見ることでも高めることができる。

 つまり、会社でハイパフォーマーの人をよく見て学べというのがセルフ・エフィカシーを高めるにはとてもよい方法なのだ。

 会社でいまいち消極的だという人は、このセルフ・エフィカシーが低くなっている状態なのかもしれない。

 そのような時は、ハイパフォーマーの行動を観察することを勧めることで、セルフ・エフィカシーが高まり、徐々に行動を起こすようになるかもしれない。

 

【4.認知行動理論】

 認知行動理論とは、欧米のカウンセリングの主流となっている認知行動療法の基礎となる理論だ。日本でもようやく認知行動療法によるカウンセリングが保険診療となり、徐々に普及しはじめている。

 認知行動理論では、
 ① 環境:過去や現在の自分のおかれている状況、ストレスのようなもの
 ② 考え:自分や他人についての考え、イメージや記憶のようなもの
 ③ 気分:喜怒哀楽をはじめとした感情
 ④ 行動:実際に行う行動
 ⑤ 身体:ドキドキ、汗をかくといった体の反応

 環境を含めた5つの領域が互いに密接に関連していると考える。

 特に、考え、気分、行動、身体の4つの領域を結ぶ線はお互いがお互いに影響を及ぼしていることを示している。つまり、行動の変化は、気分の変化を促し、体の反応が変わってくると気分や考えも変わってくるということだ。

 たとえば、大雨が降って歯が痛いときには、どう頑張っても良い気分や考えにはならなく、行動も消極的になりがちだろう。

 この5つの領域が理解できると、問題の整理・理解ができるようになるだろう。

 よく職場での問題解決に、考えや行動のみに焦点をあてて解決策を考えることが多いが、それ以外の要因も互いに影響し合っている。

 その中で、変えやすいところから変えていこうというのが基礎的な考え方である。

 そのような視点で問題解決を図っていくことが、より早い解決につながる。

 当事務所は認知行動療法が専門の臨床心理士が運営している。

 行動科学の観点からのコンサルテーションを希望される方は、ぜひ一度お問い合わせいただきたい。

 

 

プロフィール

psr ueda
こころと法律の専門家 代表 日本唯一の臨床心理士・社労士事務所代表 植田 健太
Office CPSR(オフィス シーピーエスアール)臨床心理士・社労士事務所(http://cp-sr.com)代表
日本で唯一男性で臨床心理士・社労士を保有しております。企業のメンタルヘルス対策に特化しております。事務所理念は「頑張る人がより頑張れる環境作り」です。 

「社労士の知恵」の記事

 

 

 

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。