HOME 専門家の知恵 採用・教育 【専門家の知恵】キャリアコンサルティングのすすめ

【専門家の知恵】キャリアコンサルティングのすすめ

キャリアコンサルティングのすすめ

<オフィス クロノス 久保 照子/PSR会員>

 

政府は2016年から雇用制度改革・人材力強化のための施策の一つに、「セルフ・キャリアドック」導入を推進している。

セルフ・キャリアドックとは労働者にキャリアコンサルティング(以下 CC)を定期的に提供する仕組みをいう。 CCとは、職業能力開発促進法上、労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと、と定義している。

セルフ・キャリアドックは、人間ドックのように、CCを受けることで社員自身のキャリアを定期的に見直し、キャリアへの認識を深め、キャリア形成の課題やキャリアプランの作成等を支援することを狙っている。

この制度導入を支援するものとして厚労省の人材開発支援助成金がある。 

2016年から企業への制度導入をお手伝いする中で、CCに対する認識を深めてきた。 70歳定年、75歳年金支給かという雲行きである。 長くなる個のワークとキャリアにおいて、その時々のチャンスやリスクと向かい合っていく体制づくりが企業により求められるようになった。 

 

経営者はこの制度に賛否両論

筆者が対象とする中小規模の経営者の場合、まさにこういう事をやりたかった、と賛同する経営者がいる一方、時間も金も出すのに、結果を教えてくれない(当該助成金のジョブ・カード取扱いの制限)など、理解しかねる、という経営者がいる。

一般的にはCCに対する理解が十分でない原因はその効果や、期待が分かり難いからと思われる。 

実態はどうなのだろう。独立行政法人 労働政策研究・研修機構の労働政策研究報告書No.191号、キャリアコンサルティングの実態、効果及び潜在的ニーズ、2017年3月では、約1万人に対してアンケート調査を行い、そのうち1,117人のCC経験者からの回答をまとめている。

詳細は機構のHPで公表されているのでご覧いただきたいが、次の2点の結果に着目したい。

① “CCは、実際に経験した者にとってはおおむね効果があると感じられていたが、なかでも「就職」「自分の職業の向き不向き」「資格取得」「能力開発」「将来のキャリア計画」「キャリア開発」などの職業やキャリアに直結した内容の場合、より有益であったと評価されやすい。一方で、職場の人間関係、精神面の病気・不調は、職業やキャリアの相談の枠内で持ち込まれる場合があるにも関わらず、現状では対応が十分ではなく、今後の課題となる”

また、コンサルティング未経験者の相談ニーズは非常に興味深く、職場における日々の働き方と関連していることにあると指摘している。

② “十分に睡眠や休みがとれず疲れが溜まっている、職場や働き方に関する相談窓口がない、会社に使い捨てられそうな気がする、などで、休日出勤がある、残業があるという事実そのものよりも、長時間労働などの結果として生じる様々な不安や心配、身体的な不調が相談ニーズと結びつきやすい。 特に会社から何らサポートを受けられず使い捨てにされそうな気がするという意識を伴った時”に相談ニーズが生ずる。

上記のコンサルティング未経験者たちは大企業で働き収入も良いかも知れない。 新人かもしれない。 ライフキャリアにおける幸せを考えた時、数値化されたもの、例えば企業ランキング、給与等は比較しやすいが、職場の雰囲気、上司や同僚との相性、人間関係などは数値化できない。 今時、入社前は念入りに企業調査をするであろう。 しかし、幸せはこのような数値化できないもので決められていくようだ。

① も②も人材確保や定着に結びつくものであり、②が放置された場合は企業の安全配慮義務を問われる
大きなトラブルに発展しかねないとことがわかる。

 

キャリアコンサルティングを活かすには

アンケートからもCCの実施は多くの問題点等を把握できる可能性を持っている。 まず自社の問題点やニーズを把握し、CCを実施して社員個々の問題点やニーズのすり合わせをする作業が必要だ。

また、長期的な視点にたった節目での実施が有効と考える。一例とポイント:

新人 : ストレスに対する脆弱が前提。 キャリア意識形成、直属上司との関係、キャリアップによる成長を促す研修や業務指導により、離職やメンタル不調を防止。

中高年 : 管理職への昇進、異動。責任や権限、業務内容が変化する際の心理的負荷を考慮。 役職不足、IT対応不能等モチベーションがダウンしやすい。健康障害やメンタル不調を防止する上でも、ライフキャリア設計を視野におく。

高齢者 : 増々活躍が期待される世代となった。 企業の制度設計の変更が必要。また、自身の意識改革、ライフキャリアの見直しが必要。

その他 : 病気や産休等からの職場復帰の節目。

個の成長が組織の成長を生み、ひいては社会の成長を生む。 それらが連動しよい循環となるチャンスとなるともにリスク防止となるキャリアコンサルティングの活用をすすめる。

 

 

プロフィール

sharoushi chie
人材育成コンサルタント 社会保険労務士 久保 照子
オフィス クロノス

 

 

「社労士の知恵」の記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。