HOME 専門家の知恵 採用・教育 【専門家の知恵】眠って生産性アップ

【専門家の知恵】眠って生産性アップ

眠って生産性アップ

<オフィス クロノス 久保 照子/PSR会員>

 

労働基準法の改正が予定されている。 働き方改革の実施計画に沿って、時間外労働の上限規制が厳しくなり、36協定も様相を変える方向にある。 罰則適用も予定されている。 改正の施行時期は明確ではないが、ここ2年位のうちと言われている。 

長時間労働が常態化している職場は、体制の見直しをしなければならず、気が付かないうちに違反になっていた、などどなりかねない。 時間は減ったが給与も減ったではモチベーションダウンであり、成果の分配、好循環にならない。早急に手を付ける必要がある緊急課題である。 

一方、おやっ、と思う。

 

便利になったのに、なぜ忙しい

職場にはパソコンをはじめ、仕事の効率を格段にあげてくれる機器があふれ、簡単便利を促すソフトも続々登場。 家庭では、やさしく教えてくれる電子レンジやお風呂、スイッチポンの洗濯機、甲斐甲斐しく自走する掃除機が手伝ってくれる。 あの手この手の簡単料理法。外食もコンビニも宅配もあるが、忙しい。 時間は浮いたはずなのに。なぜか。

同じ疑問を持っている人がいた。 糸井重里氏が“ほぼ日刊イトイ新聞 2011.07.27”で語っている。  

彼の結論は“死を遠ざけたこと”だいう。 頑張れば、頑張るほど忙しく、追い立てられ、ストレスを抱え、肩の力を抜くことも容易にできなくなっている。 身の丈のわからなくなる幻想は死を恐れ、受け入れ難いものにしている。 楽にはならぬ原因は、自分の命のサイズを超えた分をしょい込むため、その差を効率で追いつこうとしている。 結果、一生効率に支配される、、、、 と。 死を受け入れること。自分の命のサイズ、身の丈に照らして、どうしても要るものを最優先につかむことで、その瞬間を味わいつくし、楽しみ尽くそうという心意気がうまれる。 そこに本当の楽が生まれる、と語っている。

効率支配は 頑張ること、効率を上げることを加速する。 しかし、頑張って休むことをためらう働き方は限界であることを幾多の過労自殺が語っている。

法改正の肝は、単なる時間削減ではなく、効率支配のスパイラルを脱出し、新たな価値を持つ仕事を生み出す仕組みづくり。

本当の楽を生む仕組みから創出される価値あるアウトプットに期待がかかっている。

しかしながら、寝る間も惜しむ=仕事熱心ではこれから目指すものにたどりつけない。 

 

休むことが生産性をあげる

では、効率支配のスパイラルを断ち切るにはどうしたらよいのか。

ひとつは、精神論ではなく理性的な側面からとらえる事である。 具体的には脳を休ませることが生産性に欠かせないという視点に立つこと。

脳に入った情報は眠っている間に情報が整理されることで新たな発想が生まれる。様々な回路をつなぐ脳の機能がうまく使われ、斬新なアイデアが作られやすくなると言われている。 記憶も眠ることで定着するという。

アインシュタインは10時間以上眠ったというが、膨大な情報があったため脳を整理するのに10時間かかったのかもしれない。

起き際にいい考えがうかんだという体験を持つ方も多いであろう。 眠っている間に情報が整理されたのだ。

現代の職場は脳が疲れやすい環境だ。 職場ではパソコン等の普及で細かい文字や映像を追っていると目を酷使する。 その視覚情報は視神経を通り、情報がどういうものか脳が判断している。 また、パソコン・スマホの画面の明るい光も脳の負担が大きい。 

夕方あたりには、脳のワーキングメモリーはパンパンで疲れもピークになり、一度休めないと回復しない状態になる。 文字より画像の方がメモリーを食うことは脳も同様。 脳を酷使する要素が溢れていることを知ることが大切。 気合だけで乗り切れる時代ではない。

組織の風土、仕組みを変えるには経営者があるべき姿を示すことが一番重要である。

そして啓蒙、教育。 物心の環境づくり。 個々の社員は睡眠や脳のメカニズムを知ること、具体的な行動や対処を知ることも必要だ。 浮いた時間を、またぞろスマホから目が離せない生活では脳は休めないと知るべき。

効率ではなく、価値あるものを生み出せというテーマはなかなかに手強いが、本当の楽が生まれる過程を経て価値あるものが生まれるのだろう。

手始めに、1,2分デスクで目を閉じ、深呼吸をしてみよう。 何かを纏めようとする時、心を落ち着かせようとする時、その効果に驚く。 疲れているから休むのではなく、きれる前に充電するというパソコン利用には至極当たり前なことをやる。

短時間の昼寝をパワーナップと称するような、前向きなセンスが欲しい。

効率支配からの脱却は、脳と心の余裕から生まれる出でるものが持っているようだ。

参考文献 : 宮崎総一郎X井上雄一 「睡眠教室 夜の病気たち」、 宮崎総一郎X森国功著 「徹夜完全マニュアル」、 西多昌規著 「寝不足でも結果を出す全技法」

 

 

プロフィール

sharoushi chie
人材育成コンサルタント 社会保険労務士 久保 照子
オフィス クロノス

 

 

「社労士の知恵」の記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。