HOME 専門家の知恵 採用・教育 【専門家の知恵】職場のわくわく "他人の目からの解放" 

【専門家の知恵】職場のわくわく "他人の目からの解放" 

職場のわくわく "他人の目からの解放"

<オフィス クロノス 久保 照子/PSR会員>

 

○○さんは、何歳にみえるでしょう! と10歳刻みくらいの女性3人の見た目年齢と実年齢をあてるネット広告がある。 答えをクリックすると、実年齢より若く見える人が使うサプリの宣伝。 わかっちゃいるけど心が動く。

 オシャレや、体形にはじまり、仕事ができそうだ、自信がなさそうだ、お金持ちに見える、などなど、有形無形に私達はまことにひと目を気にした中で暮らしている。

 良きにしろ、悪しきにしろ、ありとあらゆるところに評価(ここでは主に心理学的評価とする)が付きまとう。

 それにしてもなぜ、これほどまでに他人の目が気になるのだろうか。 自身の経験とも合わせ、長年腑に落ちなかった道中、一冊の本に出合った。

 それは生物として自分の安全を確保するように組み込まれたもので、異物を認識するためだという。 見た目で異物を評価するか否かは生死に関わる。

 良いという評価は安全、悪しきは危険と評価し、距離を置く、排除する。

 認知心理学者のダニエル・カーネマンは、著書「ファスト&フロー、あなたの意思はどのように決まるか」の中で、人は利益を得られなかったことよりも損失を被ったことの方に強く苦痛を感じることを述べている。 当たり前じゃないかと言われそうだが、安全確保という生物学的な考察を"損失回避"で説明している点が興味深い。

 さまざまな場面で損失回避がある例として、輸送中の貨物が紛失しても実損が補償されない、大規模な改革はだいたい失敗に終わる、プロゴルファーはバーディーを狙うときよりもパーをとるときに、より慎重にパットをうつ、などをあげている。

 ある実験によると、怒った顔は大勢のニコニコ顔の中から"飛び出して見える"。 一方大勢の怒った顔に混じった一つのニコニコ顔は見つけるのが難しい。 人間に限らず動物の脳には、悪いニュースを優先的に処理するメカニズムが組み込まれているからだという。

 脳には見た目の危険性だけでなく、感情的な言葉にすぐ注意を引きつけられる、また、危険をはらむ言葉(戦争、犯罪)にも、平和な言葉より早く注意を喚起する。

 サクランボが山盛りの器に1匹のゴキブリが入っただけですべて台無し、反対のケースでは何の感情も引き起こさない。

 ある研究者の論文では、人間は悪い感情、悪い両親、悪い評価を、良い感情、よい両親、よい評価よりもずっと詳しく検討するものであるとしている。 夫婦関係をうまくやっていくには、よいことを追い求めるよりも悪いことを避けた方が大切だ、と主張している。

 組織改革に起こりがちな顛末について、縄張り争いで防衛側が勝つこと、法律にみられる損失回避例などをあげている。

 認知的錯誤、直感的に信じてしまう認識の誤りが判断・決定の誤りにつながる。 著書ではシステムのこと、実例などが記載されている。

 まさに、無意識の認知を意識に浮上させるエクササイズという感があり、意思決定のメカニズムにふれることができる。

 故に、人の目が気になるのは生物として致し方ないメカニズム。 ならば回避不可能と諦観し、必要以上に人からよく評価されようとする意識を放つことが最善の道ということになる。  

 また、人からよく思われたいと願って対人関係がよくなるわけもない。 なぜなら、他人の目と言いながら、本当のところは自分自身に捕らわれ、自身が作り出した呪縛に苦しんでいるわけだから。逃れられないのである。

 職場を見まわした時、カーネマンの事例は示唆に富んでいる。 たった一人の嫌な奴がいると、もうその職場の全てがいやになるというわけだ。 パワハラ上司も異物と認識したものを排除し、生き残ころうとする生物的なメカニズムに支配される。 同僚や上司の目、回りの雰囲気に気を使いすぎ、目立つこと、嫌われること、失敗を避ける職場があるなら、一見穏やかで、協調性が有りそうだが、評価体質が助長され、攻撃性が増し危険だ。

 能率的な仕事のやり方を阻害するストレスフルな職場と化し、柔軟な働き方を模索する旅は難航するだろう。

 おまけに企業の深いところには企業独特の見えない評価の存在がある。 他人の目を超えた見えない目である。時に厄介であり、時に素晴らしい力を発揮し、その企業らしさを支配している。

 どうしたらよいのだろうか。 人の目から解放されるもう一歩は、自分がどのように評価されるかに心を捕らわれるのではなく、いかに相手側のことを考えるかに心を砕くことからはじまる。見つめるところを変えること。

 他人の目、少し楽になりませんか?

 

 

プロフィール

sharoushi chie
人材育成コンサルタント 社会保険労務士 久保 照子
オフィス クロノス

 

 

「社労士の知恵」の記事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。