HOME 専門家の知恵 就業規則・労務問題 【専門家の知恵】セルフ・キャリアドック導入の効果的な導入方法(その効用について)①

【専門家の知恵】セルフ・キャリアドック導入の効果的な導入方法(その効用について)①

セルフ・キャリアドック導入の効果的な導入方法(その効用について)①

<オフィス・ライフワークコンサルティング 飯塚 篤司/PSR会員>

 

◆『セルフ・キャリアドック』とは、いったい何なのか?

 『セルフ・キャリアドック』について、問い合わせを受けることが増えている。しかし、このセルフ・キャリアドック制度、導入する企業の経営者・人事担当者も、またその制度に従いキャリアコンサルティングをうける従業員も、それがどのような制度か、その制度の導入によってどのような効果があるのか、今ひとつ十分に理解されていないのが実情ではないだろうか。

『セルフ・キャリアドック』とは、「日本再興戦略」において、
「経済社会環境の変化に先手を打って対応していくための労働市場インフラとして、働き手が自らのキャリアについて、主体的に考える習慣を身につける環境を整備することが重要である」とし、
具体的には、
「定期的に自身の職務能力を見直し、今後、どのようなキャリアを歩むべきかを確認した上で、身につけるべき知識・能力・スキルを確認する機会として、『セルフ・キャリアドック』を整備する」としている。

『セルフ・キャリアドック』は一定の要件を満たして導入すれば、「キャリア形成促進助成金」の助成対象にもなるが、本助成金のパンフレットには次のようなメリットが記載されている。

① 労働者の仕事に対する主体性を向上させることが出来る。
・労働者が自らキャリア・プランを考えることにより、主体的に仕事や職業能力開発に取り組もうとする意識を高める事が出来る。 
・労働者が適正や職業能力などへの自己理解を深めることにより、工夫して仕事や能力開発に取り組もうと意識を高めることが出来る。
・労働者がキャリアパスをイメージしやすくなり、仕事のやりがいや向上心を高めることができる。

② 新規採用職員などの定着の支援や、育児休業者などの復帰を円滑に行うことが出来る。
・新規採用職員などにキャリアコンサルティングを実施することにより、キャリア・プランを明確化、具体化し、職場への定着や仕事への意欲を高めることが出来る。 
・育児休業者や介護休業者などにキャリアコンサルティングを実施することにより、職場復帰を円滑に行うことが出来る。

うーん。やはり、今ひとつ分かるようでわかりにくいのである。

 

◆『セルフ・キャリアドック』の主な効用を考えてみる。

『セルフ・キャリアドック』の、“ドック”は人間ドックのドック。身体の健康診断と同様に、自身のキャリアの検診を定期的に受ける機会を、会社が整備・提供し、キャリア形成に関する従業員自らの課題認識や、キャリア・プランの作成、見直しを支援する制度である。

 ただ、『セルフ・キャリアドック』を導入すると、優秀な人材が社外に流出するのではないか?との危惧をする経営者や人事担当者も多い。

 確かに、前述の『セルフ・キャリアドック』の趣旨を見ると、そのように受け取ることも出来るだろう。

 しかし私見では、『セルフ・キャリアドック』は、次のような効用があると考える。

① 個人(従業員)と組織(企業)の共生と発展

 個人のキャリアにおけるニーズと、組織のニーズの摺り合わせと行い、共に共生、発展するためのツール。
 ひとりひとり違う個人の意思・意欲を尊重しながら組織が求める成果に結びつける仕組み。
 個人の自律的な意思、意欲を喚起し、その達成が組織の目標達成につながる為の仕掛け。

② キャリアパスの明確化と有効活用
 各組織における「キャリアパス」=「役割等級」と、個人の「キャリア」=「役割」の課題と目標を明確化する為のツール。(→外的キャリアの意識化)
 職能資格制度から、役割や職によるキャリアパス制度へ移行する企業が増えている中、個人と組織の関係性を深く掘り下げるためのツール。

③ MBO(目標管理制度)との連携による相乗効果
 MBO(目標管理制度)を導入している企業も多い。MBOにおける「目標」が短期的なプランニングであれば、キャリアは長期的なプランニングである。長期的なキャリア・プランが確立していれば、MBOにおける「目標」もより意味のある物になり得る。(→内的キャリアの充実)

 『セルフ・キャリアドック』を担うキャリアコンサルタントも、また、助成金の支給審査を行う労働局の担当者も、『セルフ・キャリアドック』制度の活かし方を吟味できていないように思う。上記の3つの効用については、次回以降に深く考察していきたい。

 少し余談になるが、「人材」を「人財」や「人罪」と表現することが良くあるが、いつも違和感がある。もし「人材」を言い換えるならば「人在」が適切では無いだろうか?ただ「人」がここに「在る」だけである。その「人」が「財」を生むのか、「罪」となるのか?それは、周囲の環境にも大きく依存する。その環境要因として『セルフ・キャリアドック』を活かせないだろうか、と考えるのは、単なる理想に過ぎないのだろうか?

 

 

プロフィール

psr iiduka
社会保険労務士/キャリアコンサルタント 飯塚 篤司
オフィス・ライフワークコンサルティング (http://www.olwc.jp)
企業様の業種、成長ステージ、社風、経営理念に沿った柔軟なサポートを行います。また人事労務担当者様の外部メンターとしてキャリアップ支援による人事労務体制のレベルアップと企業の安定と発展をお手伝いします。

 

「社労士の知恵」の記事

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。