HOME 専門家の知恵 就業規則・労務問題 【専門家の知恵】働きやすさの「見える化」(2)健康経営で社員も会社も元気になる!

【専門家の知恵】働きやすさの「見える化」(2)健康経営で社員も会社も元気になる!

働きやすさの「見える化」(2)健康経営で社員も会社も元気になる!

<社会保険労務士事務所 そやま保育経営パートナー 楚山 和司/PSR会員>

 

◆なぜ、いま、健康経営なのか。

 なぜ「健康」が経営戦略に役立つのか、経営戦略と「健康」とがどのようにして結びつくのか―その答えは主に次の3つに集約される。

≪健康経営に取り組むべき理由①生産年齢人口の減少と人材不足≫

 国立社会保障・人口問題研究所の人口推計(平成24年1月時点における出生中位・死亡中位想定での10月1日現在人口推計)によると、2060年には生産年齢人口(15~64歳人口)の全人口に占める割合は50.9%と約半数までに落ち込むと予測されている。

 この傾向に歯止めがかからない限り、労働者一人当たりの生産性を高め続けなければ、持続的な経済発展は望めない。

 そうなると、おのずから従業員一人ひとりの働き方や働く環境を見直し、改善するという取り組みが全社的に必要になってくることは明白であり、ここに健康経営の目指す企業のあり方が重なることになる。

 いっぽうで、人材不足という側面からも、健康経営の視点は欠かせない。

 厚生労働省の「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」によると、2015年の有効求人倍率は1.20倍(全産業年平均)となり、今後ますます人材獲得競争が激しさを増すだろう。

 労働市場からの新規採用はもちろんのこと、在職者の離職防止のためにも、従業員の健康管理に積極的な姿勢をアピールすることで、競争に淘汰されず成長を続ける企業体質が期待できる。

≪健康経営に取り組むべき理由②従業員の高齢化≫

 先の国立社会保障・人口問題研究所の人口推計によれば、同じく2060年の推計高齢化率(全人口に占める65歳以上人口の割合)は39.9%と、つまりはおよそ5人に2人は高齢者という将来を予測している。

 その意味するところは、加齢にともなう心身の機能の低下と労働を同時に経験する年齢層が厚みを増してくるということでもある。

 医療技術が進歩した今なお、傷病等により医療機関にかかっている者の割合(通院率)は、40代で27.3%、50代で41.9%、60代で57.7%という(厚生労働省「平成25年国民生活基礎調査の概況」)。

 つまり、それだけのリスク(病欠・介護・長期休職・パフォーマンスの低下など)を抱えた従業員の健康をいかにしてマネジメントし、どれだけ健康寿命の延伸に貢献できるかが企業に問われている。

≪健康経営に取り組むべき理由③政策・法制度による要請≫

 言わずもがな、現政権の標榜する「働き方改革」の旗印のもと、このところ矢継ぎ早に労働関係法令の改正や各種ガイドラインの策定、助成金の新設・拡充が進んでいる。

 これらの推進要因もあって健康経営普及にはずみがついているが、詳細は本連載の最終回でまとめて紹介する。

 

◆その"体調不良"が、経営を左右する。

 「健康でない状態」に起因する労働損失といえば、病欠や休暇・休職などはイメージしやすく、その機会費用も高額に及ぶものと想像されることだろう。

 このような、労働力の全部を直接に損なう状態を"アブセンティーイズム"と呼ぶことに対し、出勤はしているものの生産性が落ちている状態(労働力が一部ないし間接に損なわれている状態)を"プレゼンティーイズム"と呼ぶ(ex.抑うつ・腰痛・頭痛・花粉症など)。

 実はアメリカの研究成果によると、このプレゼンティーイズムによる労働損失は社会にとっての医療コストの実に63%もの割合を占めていると指摘されている(Paul.H"Presenteeism:At Work-But Out of It",Harverd Business Review,2004)。

 この数値が示唆するところは、身近な、これまで特に配慮もせず、個々の従業員の自己管理に委ねていたような、いわば"体調不良"ともいえる健康状態にこそ潜在的な労務リスクが存在しているということである。

 そして、健康経営はそれを最小限にとどめるためのアプローチであり、身近な健康管理の徹底から将来の成長余力を生み出す動力源ともなるのである。

 では実際に、健康経営を実践することでどのような効果が期待できるのか、定義にもとづいて経営的な視点からデータをご紹介しよう。

 次の図表は経済産業省・東京証券取引所「健康経営銘柄2016選定企業紹介レポート」より引用したものである。

0518so

 この図表から読み取れることは、TOPIXに比べ、当該銘柄に選定された企業群、あるいは非選定の高評価企業群の株価指数が明らかに上回っているということである。

 このほかにも諸外国の実証研究は複数報告されているが、国内の健康経営についての直接的な成果報告は今後の調査研究を待たなければならず、いまだ確固としたベンチマークが示せるわけではない。

 しかしながら、少なくとも健康経営と企業業績との正の相関関係を否定することはできないだろう。

 また、そうした数値に必ずしも表現できない成果も、個々の従業員や職場の人間関係、社風といったものに時間をかけて現れてくることだろう。

 健康経営はその実践を中長期で継続することに価値があり、企業の体質改善・血流促進ともいえる経営の基盤を強固にするためのものとご認識いただきたい。

 次回は具体的な実践方法について、実際の事例を交えながらご紹介する。

※「健康経営」は特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です

 

 

プロフィール

psr soyama
社会保険労務士・健康経営アドバイザー 楚山 和司
社会保険労務士事務所 そやま保育経営パートナー (http://www.shk-partner.jp/)
開成高校・早大卒。経済産業省「健康経営優良法人」や厚生労働省「安全衛生優良企業」の認定支援、全国社会保険労務士会連合会・JIPDEC「経営労務診断」等を通じた、働きやすさの「見える化」に貢献します。

 

「社労士の知恵」の記事

 

続きを読むにはログインしてください。 ユーザ登録は右上のリンクから行えます。