HOME Q&A 日々の業務の疑問をかいけつ Q&A 給与計算・社会保険手続き 健康保険 兼務役員に就任する人がいます。登記を済ませましたが、社会保険関係の手続はどのようにすれば良いですか。

兼務役員に就任する人がいます。登記を済ませましたが、社会保険関係の手続はどのようにすれば良いですか。

Q.兼務役員に就任する人がいます。登記を済ませましたが、社会保険関係の手続はどのようにすれば良いですか。
A.社会保険については必要に応じて保険料の変更、雇用保険は使用人兼務役員の届出が必要になります。

 

解 説

 社会保険では、役員報酬・給与ともに報酬に含まれるため、特別な手続は必要ありません。ただし役員報酬が支払われたことによって、就任後3か月間の報酬の平均で算定した標準報酬月額と元の標準報酬月額の間に2等級以上の差異がある場合は、随時改定の対象となりますので月額変更届の提出が必要です。一方雇用保険では、使用人兼務役員としての手続が必要です。使用人(従業員)としての部分のみ雇用保険に加入することになるためです。 

コンサルタントからのアドバイス

使用人兼務役員の届出は、「兼務役員雇用実態証明書」をハローワークへ提出しますが、謄本や賃金台帳などの添付書類が必要ですので、管轄のハローワークで確認してください。